2015年09月14日

富士

7月18〜19日、静岡県の富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ第3戦が開催されました。
台風の影響で天候が心配されましたが、雨量は当初の予想より少なく開となりました。
18日フリー走行 1回目 10位
    公式予選 Q1 19位 Q2進出ならず
19日フリー走行 15位
    決勝  12位
最後尾スタート、1コーナーで接触があり13番手まで順位をあげるが、セーフティーカー導入
8周目に12番手、そもまま淡々と走行を続けてチェッカーフラッグを受け12位でした。


【関連する記事】

2015年05月28日

SF岡山

スーパーフォーミュラ第2戦 岡山
5月23〜24日
岡山国際サーキットで開催されるのは7年ぶりのこと、当時は排気量3000cc自然吸気V型8気筒エンジン搭載で、コースレーコードは1分15秒808でしたが、現代の規格で開発された排気量2000cc直列4気筒ターボエンジン搭載で、すでに開幕前の合同テストでコースレーコードを破っています。

5月23日 フリー走行 1分14秒047で3位 
公式予選 Q1:1位 1分13秒104  Q2:2位 1分13秒109  Q3:3位 1分12秒695
セッティングを変更してタイムアタックを行いコースレードを更新するも3番手となった。

5月24日 決勝  4位
路面温度は急上昇しこの週末最も厳しいコンディションとなり、スタート合図とともに加速を開始したがわずかにホイールスピンをして後方2台にかわされる、バックストレートでオーバーテイクボタンを使うが後から使ったライバルをかわすには至らない。
そのまま一定間隔を置いてレースは進んだ、ピット作業のタイミングで順位を入れ替えようとするが間隔を縮めるも順位を入れ替える事はできない。そのまま4番手のポジションを守ったままレースを走りきる。
チームポイントランキングは6番手につけた。
次回の富士では是非表彰台を期待してます! 
       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。